東京都理学療法士協会・東京都作業療法士会・東京都言語聴覚士会合同生活期共通評価表第一回訪問部会研修会

~ 活動・参加に焦点を当てた訪問リハにおける評価の視点 ~
日 時:平成30年10月6日(土)14:00~17:00(受付開始13:30)

会 場:首都医校
内 容:生活期のリハビリテーションに悩んでいる若手や、これから訪問に出ていく方に知っておいていただきたい評価の視点について、改訂版「都三士会生活期リハビリテーション訪問評価表」を用いて学びます

詳細はこちら

0
三士会合同:第9回東京都訪問リハビリテーション実務者研修会開催のご案内

今年度も訪問・通所リハビリ経験3年目以上を対象とした実務者研修を開催いたします。
今回のテーマは”終末期を在宅で支える”をテーマとして、業務を行う上で関わることの多い
多職種の視点を学ぶとともに、事例検討を予定しております。
皆様の奮ってのご参加をお待ちしております。

※上記研修は訪問・通所リハビリ経験3年目以上が対象ですが、東京都訪問リハビリテーション
初任者研修に参加された方は、経験3年目に満たなくとも参加が可能です。

※詳細については、HP上で随時更新して参りますので、現在未定および調整中の箇所につきましては
適宜ご確認くださいますよう、お願い申し上げます

詳細はこちら

0
平成30年度 言語聴覚の日イベント「いまを生きるワークショップ」

言語聴覚の日委員会  小林祐貴

 言語聴覚の日のイベントは例年、我々言語聴覚士の関わる領域の啓発活動として、一般の方々向けに当事者講演会を行なって来ました。しかし、参加者の多くは当事者の方や言語聴覚士を目指す学生などで、一般への啓発としては、効果は十分とは言えないものでした。一方で、当事者の方々が自身の体験を一般に向けて語ることができ、社会参加の場を提供することは出来ていると考えます。
当士会では、昨年度より言語聴覚の日の啓発活動をどのように行えばよいか、ワーキンググループを発足させて検討してきました。その中で、次代を担う言語聴覚士を質量ともに増やすためには、小学生〜高校生などの若年層から啓発するとともに、近接領域に興味を持つ学生さんに、我々の領域に少しでも多く接してもらう必要があるのではないかと考えました。幸いなことに、今年度は理事の一人が複数の高校・中学校に言語聴覚障害学を内容とした出張授業を行う機会を得ました。
そこで、今年度の言語聴覚の日には、都士会の皆さんとご一緒に啓発活動のアイディアを出していただくというワークショップの企画をたてました。
日常業務でお悩みの方、出張授業にご興味のある方、啓発活動に一案お持ちの方、多くの方々のご参加をお待ちしております。
※当事者講演会は、今年度学術フォーラム内でも開催したように、今後も形を変えながら継続していく予定です。

詳細を表示 →

0
平成 30 年度 一般社団法人東京都言語聴覚士会 生涯学習プログラム《専門講座》開催のご案内

一般社団法人東京都言語聴覚士会では、一般社団法人日本言語聴覚士協会生涯学習プログラム「専門講座」 を 2 講座開催いたします。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

詳細はこちら

0
第1回 寺子屋手取り足取りICTはじめて講座

平成30年度、寺子屋「手取り足取りICTはじめて講座」を開催いたします。コミュニケーション 代替手段など、STが臨床で用いるICT手段についての講習会です。「はじめて講座」となっ ていますが、臨床経験の長さは問いません。ぜひ奮ってご参加ください。

チラシ

0
第 2 回一般社団法人東京都言語聴覚士会総会・学術フォーラム

6 月に第 2 回一般社団法人東京都言語聴覚士会総会・学術フォーラムを開催します。総会議案書および学術フォーラムのプログラム・抄録集は 4 月にお送りする予定です。
案内が最新版になりました。

4月4日案内更新

案内

0
Page 2 of 5 12345