7月16日 横浜精神分析研究会 第6回 特別セミナー 力動的セラピストになるために File.6 ― ビオンの精神分析入門 ―

研修会・講習会名: 横浜精神分析研究会 第6回 特別セミナー 力動的セラピストになるために File.6 ― ビオンの精神分析入門 ―

日時:
平成29年7月16日(日)
10時30分~13時00分 第1部:講義
14時00分~16時30分 第2部:事例検討

会場:
港北区社会福祉協議会3階多目的研修室
〒222-0032 横浜市港北区大豆戸町13-1
東急東横線 大倉山駅から徒歩およそ6分
https://goo.gl/maps/xfd8kzJQCzJ2

内容:
横浜精神分析研究会 第6回 特別セミナー
力動的セラピストになるために File.6
― ビオンの精神分析入門 ―

■概要
フロイトはヒステリー患者との治療経験から精神分析を創始しました。当時は無意識に抑圧された葛藤やコンプレックスを意識化することによって症状が改善されるという考えで精神分析は実践されていました。そのための装置として週5~6回の頻度で、カウチに横たわりながら自由連想を行うという設定が作られました。
フロイト没後も精神分析は発展し続け、次第にヒステリー患者の治療や無意識の意識化だけに留まらなくなっていきました。対象が境界例や精神病、発達障害と広がりました。それにともない前エディプス期といった乳幼児の心の発達を検索することが精神分析の焦点にもなりました。それと関連し、精神分析家と患者の情緒的コミュニケーションの重要性が認識され、逆転移の扱いが多数の精神分析家によって研究されるようになりました。
そうしたフロイト以降の精神分析の発展に大きく寄与したのがウィルフレッド・R・ビオンです。ビオンは精神病といった重篤な患者との精神分析体験からグリッド、コンテイニング、アルファ機能、思考の発達、becoming Oなどの重要な論点について探求していきました。しかし、こうした理論は臨床的に有用である反面、難解であり、理解しにくいようです。そこで、今回はそうした難解で知られるビオンの理論について、祖父江先生にご講義いただき、ビオン理解を深めていけたらと考え、当セミナーを企画しました。

■講師の先生のご紹介: 祖父江 典人 先生
東京都立大学人文学部卒業。博士(心理学)、臨床心理士、日本精神分析学会認定スーパーバイザー。現在の所属は、愛知教育大学大学院教育学研究科学校教育臨床専攻教授、名古屋心理療法研究所。著書には最新刊の「日常臨床に活かす精神分析(誠信書房)」の他、「対象関係論に学ぶ心理療法入門(誠信書房)」「対象関係論の実践(新曜社)」「ビオンと不在の乳房(誠信書房)」「松木邦裕との対決(岩崎学術出版社)」等、多数あります。

■日程:平成29年7月16日(日)
10時30分~13時00分 第1部:講義
14時00分~16時30分 第2部:事例検討

■会場:港北区社会福祉協議会3階多目的研修室
〒222-0032 横浜市港北区大豆戸町13-1
東急東横線 大倉山駅から徒歩およそ6分
https://goo.gl/maps/xfd8kzJQCzJ2

■参加資格:臨床心理士や医師、作業療法士、精神保健福祉士、看護師、保健師、保育士、教師、社会福祉士、言語聴覚士、理学療法士、等の守秘義務をもつ専門家、臨床心理系大学院生等。力動的臨床を実践しようと思っている/実践しはじめたばかりの初心の方から、既に経験を積んでおられる方々まで幅広い経験の方が研鑽できる内容となっております。

■臨床心理士ポイント:日本臨床心理士資格認定協会の資格更新ポイント(2条-4)に申請予定です。

■費用:7,000円(修士課程の大学院生は6,000円)

■定員:60名程度(先着順です)

■申込方法:(1)名前(2)所属(3)メールアドレス(4)臨床心理士資格の有無、を明記して、以下までご連絡ください。銀行口座をお知らせしますので、振込をしてください。振込を確認できた時点で申込確定となります。

■申し込み先:北川清一郎 宛 info@yokopsy.com

■主催:横浜精神分析研究会 http://yokopsy.com

■後援:心理オフィスK http://s-office-k.com

■案内: http://yokopsy.com/index.php/seminar

その他: よろしくお願いします。
問い合わせ先: 北川清一郎 宛 info@yokopsy.com
応募方法: (1)名前(2)所属(3)メールアドレス(4)臨床心理士資格の有無、を明記して、以下までご連絡ください。銀行口座をお知らせしますので、振込をしてください。振込を確認できた時点で申込確定となります。
ホームページ: http://yokopsy.com/index.php/seminar

0
9月23、24日 第5回 頭・頸部の体表解剖セミナー“摂食嚥下療法や頸部の治療のために”in東京

研修会・講習会名: 第5回 頭・頸部の体表解剖セミナー“摂食嚥下療法や頸部の治療のために”in東京

日時:
平成29年9月23日(土),24日(日)
※土曜日 13:50~18:30 日曜日 9:00~16:00

会場: 東京工科大学 蒲田キャンパス
内容: 頭部・頸部の骨格筋や骨を中心とした解剖学的特徴の講義と触察法のデモンストレーションと触察実習ならびに咽頭・喉頭周囲の解剖学の講義

その他:
【講師】磯貝香(常葉大学) 、河上敬介(大分大学)、石田悦二(介護老人保健施設ラ・ファミリア) 他7 名
【対象】PT・OT・ST・医師・柔道整復師・あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師 等
【定員】40名(先着順) ※定員になり次第受付を終了します.
【受講料】15,000円(税込)

【参考図書】
骨格筋の形と触察法 改訂第2版(編集:河上敬介・磯貝香  大峰閣)
頭・頸部の筋の形と位置-立体的イメージングのために-(著:河上敬介・宮崎雅子・石田悦二 大峰閣)
*各自で参考図書をご準備されることお勧め致しますが、それ以外の解剖学書でも参加は可能です.
*上記のテキストが必要な方は当日会場にて著者割価格(約15%OFF)で販売しますので,購入希望の方はセミナー申込フォームに入力ください.

問い合わせ先:
東京会場:体表解剖学研究会  担当 岡部 孝生
      土佐リハビリテーションカレッジ 理学療法学科
      E-mail:okataka0317@gmail.com

応募方法: 体表解剖学研究会ホームページ(http://surface-anat.com/)の申込みフォームによりお申込みください。
ホームページ: http://surface-anat.com/

0
8月5, 6, 7日 2017年度 吃音専門士養成講座(core講座)

研修会・講習会名: 2017年度 吃音専門士養成講座(core講座)

日時:
8月5日(土) 医学臨床講座
8月6日(日) 教育臨床講座
8月7日(月) 心理臨床講座

9:00~12:30 Basic
13:30~17:30 Advance

会場:
クラブハウス会議室 青山5F 大会議室「いちょう」
〒107-0062 東京都港区南青山2-2-8 DFビル5F
地下鉄「青山一丁目」の5番出口を出て、徒歩2分です。
右手を直進し、歩道橋を越え、右手にあるDFビルを目印にお越しください。

内容:
医学臨床講座 菊池良和【九州大学病院 耳鼻咽喉・頭頸部外科 助教 医学博士】
教育臨床講座 小林宏明【金沢大学 人間社会研究域学校教育系 博士(心身障害学)ST】
心理臨床講座 早坂菊子【法人代表理事 博士(教育学) ST 元広島大学教育学部教授 首都医校非常勤講師】

吃音について学ぶには欠かせない医学・教育・心理の三つの側面から、上記、講師たちによる、吃音のスペシャリストを養成するための講座です。
Basicは吃音の基礎知識、Advanceは臨床事例検討です。

その他:
本講座のテキストをご購入の上、事前にお読みください。そのため、従来より講座時間が短縮されています。
受講申し込みされた方にはテキスト購入方法をお知らせいたします。

各講座 1講座のみのお申し込み6,500円
    Basic+Advance両講座のお申し込み12,000円
    (テキスト代金別途)

問い合わせ先:
電話またはEメール
℡080-5881-3524
hayasakakikuko@gmai.com

応募方法:
電話またはEメール
℡080-5881-3524
hayasakakikuko@gmai.com

ホームページ: http://kitsuon.tokyo

0
8月5, 6, 7日 2017年度 吃音専門士養成講座(core講座)

研修会・講習会名: 2017年度 吃音専門士養成講座(core講座)

日時:
8月5日(土) 医学臨床講座
8月6日(日) 教育臨床講座
8月7日(月) 心理臨床講座

9:00~12:30 Basic
13:30~17:30 Advance

会場:
クラブハウス会議室 青山5F 大会議室「いちょう」
〒107-0062 東京都港区南青山2-2-8 DFビル5F
地下鉄「青山一丁目」の5番出口を出て、徒歩2分です。
右手を直進し、歩道橋を越え、右手にあるDFビルを目印にお越しください。

内容:
医学臨床講座 講師 菊池良和
教育臨床講座 講師 小林宏明
心理臨床講座 講師 早坂菊子

吃音について学ぶには欠かせない医学・教育・心理の三つの側面から、上記、講師たちによる、吃音のスペシャリストを養成するための講座です。
Basicは吃音の基礎知識、Advanceは臨床事例検討です。

その他: 本講座のテキストをご購入の上、事前にお読みください。そのため、従来より講座時間が短縮されています。

問い合わせ先:
電話またはEメール
℡080-5881-3524
hayasakakikuko@gmai.com

応募方法:
電話またはEメール
℡080-5881-3524
hayasakakikuko@gmai.com

ホームページ: http://http://kitsuon.tokyo

0
6月18日 【ユニリハ】 全身の筋緊張制御を行うポジショニングからの 摂食嚥下リハビリテーション理論編 ×実技体感編

研修会・講習会名: 【ユニリハ】 全身の筋緊張制御を行うポジショニングからの 摂食嚥下リハビリテーション理論編 ×実技体感編
日時: 2017年6月18日 (日) 10:00~16:30(開場 9:40)
会場: 八王子市芸術文化会館いちょうホール(東京都八王子市本町24番1号)

内容:
【長期療養生活6年、ADL全介助の症例に、局所的ではなく、全身の筋緊張を一度に落とすポジショニングを行ったところ、拘縮が変化して端座位や自立、20日後にお楽しみのゼリー食を用いた摂食嚥下訓練の介入に至った。】
上記の内容で、2013年9月。岡山開催の第9回摂食嚥下リハビリテーション学会へ口述発表する。

本セミナーは、この原理と、症例報告から全身の筋緊張制御を行うことでの、呼吸筋、横隔膜、呼吸数の低下(過呼吸の変化)、舌骨上筋群、舌骨下筋群の過緊張の改善、摂食嚥下の変化を報告し、『p×s=mg』の物理学的根拠から認知、高次脳機能、筋収縮様式の変化を熟考し考察する。

<プログラム>理論編
●長期療養生活者の過緊張、関節拘縮の変化から関節可動域が改善した症例を提示し、重力をコントロールしたポジショニングを行うことでの様々な効果を報告する。
●誤嚥性肺炎を繰り返し全身関節拘縮、長期療養生活から2カ月後嚥下訓練導入開始。上記の筋緊張のコントロールが誤嚥性肺炎を繰り返す長期療養生活を送る症例に変化をもたらした。局所的ではなく全身的な過緊張の緩和が摂食嚥下に影響する事実を提案する。
●頸髄不全損傷、長期療養、全身関節拘縮、起居動作全介助の状態から介入4回目で端座位、24日目で車いす自操、32日目でADLを獲得した症例。この症例のポジショニングR.E.D.方法と技術伝達。
●実際の介入方法や技術論、ポジショニングR.E.D.の具体的内容を伝達、また技術指導。

実技体感編~臨床への応用
●(医学相対性理論、R.E.D.環境の解説)
訓練場面で低反撥マットレスを重ねてポジショニングをとるだけで、筋緊張の変化から関節拘縮の改善が起こります。この原理、理論を紐解きます。
●(R.E.D.環境を使った訓練場面でのポジショニング実技)
安定した筋緊張は持続します。再び亢進しても適宜継続して介入することで、姿勢の変化や全介助から自立する症例がみられてきます。この事例を交えながら実践していただきます。
●(R.E.D.を生かした各症例に対してのポジショニング実技)
R.E.D.環境で簡単に過緊張の筋は緩み、姿勢及び嚥下機能は変化します。これを疾患別に説明します
●まとめと考察 質疑応答

その他:
参加費15,000円(税込)
■当日受付にてお支払いください ●前半の部 理論編 7,000円(税込) ●後半の部 実技体感編 8,000円(税込) ●前半・後半共参加 15,000円(税込) 注:後半の実技体感編は前半の理論編の受講が必須です。

問い合わせ先:
日本ユニバーサル リハビリテーション協会
TEL 042-208-0102
e-mail:otmode@jcom.home.ne.jp

応募方法:
下記URLより申込をお願いします。
https://www.meducation.jp/seminar/regist?id=50168

ホームページ: http://universalreha.com/

0
6月10日 研修会・講習会名: 【ユニリハ】 全身の筋緊張制御を行うポジショニングからの 摂食嚥下リハビリテーション理論編

研修会・講習会名: 【ユニリハ】 全身の筋緊張制御を行うポジショニングからの 摂食嚥下リハビリテーション理論編
日時: 2017年6月10日 (土) 18:45~21:30(開場 18:30)
会場: 八王子市芸術文化会館いちょうホール(東京都八王子市本町24番1号)

内容:
【長期療養生活6年、ADL全介助の症例に、局所的ではなく、全身の筋緊張を一度に落とすポジショニングを行ったところ、拘縮が変化して端座位や自立、20日後にお楽しみのゼリー食を用いた摂食嚥下訓練の介入に至った。】
上記の内容で、2013年9月。岡山開催の第9回摂食嚥下リハビリテーション学会へ口述発表する。

本セミナーは、この原理と、症例報告から全身の筋緊張制御を行うことでの、呼吸筋、横隔膜、呼吸数の低下(過呼吸の変化)、舌骨上筋群、舌骨下筋群の過緊張の改善、摂食嚥下の変化を報告し、『p×s=mg』の物理学的根拠から認知、高次脳機能、筋収縮様式の変化を熟考し考察する。

<プログラム>理論編
●長期療養生活者の過緊張、関節拘縮の変化から関節可動域が改善した症例を提示し、重力をコントロールしたポジショニングを行うことでの様々な効果を報告する。
●誤嚥性肺炎を繰り返し全身関節拘縮、長期療養生活から2カ月後嚥下訓練導入開始。上記の筋緊張のコントロールが誤嚥性肺炎を繰り返す長期療養生活を送る症例に変化をもたらした。局所的ではなく全身的な過緊張の緩和が摂食嚥下に影響する事実を提案する。
●頸髄不全損傷、長期療養、全身関節拘縮、起居動作全介助の状態から介入4回目で端座位、24日目で車いす自操、32日目でADLを獲得した症例。この症例のポジショニングR.E.D.方法と技術伝達。
●実際の介入方法や技術論、ポジショニングR.E.D.の具体的内容を伝達、また技術指導。
●質疑応答

その他:
参加費7,000円(税込)
■当日受付にてお支払いください

問い合わせ先:
日本ユニバーサル リハビリテーション協会
TEL 042-208-0102
e-mail:otmode@jcom.home.ne.jp

応募方法:
下記URLより申込をお願いします。
https://www.meducation.jp/seminar/regist?id=50265

ホームページ: http://universalreha.com/

0
7月15、16日 日本高次脳機能障害学会 2017年夏期教育研修講座(予定)12月17日 第41回日本高次脳機能障害学会学術総会サテライト・セミナー(予定)12月15、16日 第41回日本高次脳機能障害学会学術総会(予定)

—————————————————————————-

日本高次脳機能障害学会 2017年夏期教育研修講座(予定)

—————————————————————————-

Aコース「 失語症候とその対応 」

 日 程: 2017年7月15日(土)

 定 員: 500名

 受講費: 12,000円(*)

 

Bコース「 神経心理症候とその対応 」

 日 程: 2017年7月16日(日)

 定 員: 500名

 受講費: 12,000円(*)

会 場: 京都国際会館 アネックスホール(京都府京都市左京区宝ヶ池)

お申込受付: 2017年5月17日(水)より(*)

ご案内ページ: http://www.higherbrain.or.jp/06_kousyukai/02_index.html

* 日本高次脳機能障害学会にご在籍(正会員)の場合は会員価格でご受講いただけます。

  また、5月9日(火)よりお申込みいただけます。

—————————————————————————-

第41回日本高次脳機能障害学会学術総会(予定)

—————————————————————————-

メインテーマ: 「 わかりあうを科学する 」

会 期: 2017年12月15日(金)、16日(土)

会 場: 大宮ソニックシティ(埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5)

会 長: 立石 雅子(目白大学保健医療学部言語聴覚学科 教授)

参加費: 事前登録 11,000円 学生 4,000円(*)

     当日参加 13,000円 学生 5,000円(*)

一般演題募集期間: 2017年5月23日(火)〜7月6日(木)

ホームページ: http://jshbd41.umin.jp/

* 日本高次脳機能障害学会にご在籍(正会員)の場合は会員価格でご受講いただけます。

  

—————————————————————————-

第41回日本高次脳機能障害学会学術総会サテライト・セミナー(予定)

—————————————————————————-

テーマ 「 行為と動作の障害 」

日 程 : 2017年12月17日(日)

会 場 : 大宮ソニックシティ 小ホール(埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5)

定 員 : 400名

ご案内ページ: http://www.higherbrain.or.jp/06_kousyukai/01_index.html

—————————————————————————-

※ 上記内容は変更となる場合がございます。ご了承願います。

お問い合わせ先: 一般社団法人日本高次脳機能障害学会 事務局

〒133-0052 東京都江戸川区東小岩2-24-18 江戸川病院内

TEL 03-3673-1557 FAX 03-3673-1512 

E-mail office@higherbrain.or.jp

URL http://www.higherbrain.or.jp/

0
7月30日  【 新卒者向け 】新卒セラピストのための生活期リハビリテーションの方法論と必要知識 ~はじめて通所・老健・訪問に関わる人のために~東京会場~

研修会・講習会名: 【 新卒者向け 】新卒セラピストのための生活期リハビリテーションの方法論と必要知識 ~はじめて通所・老健・訪問に関わる人のために~東京会場~
日時: 2017年7月30日(日)10:00~16:00(受付9:30~)

会場:
中央労働基準協会ビル 4階 ホール
東京都千代田区二番町9番地8

内容:
【講師】
張本 浩平
理学療法士・株式会社gene 代表取締役

【講義概要】
私が介護保険の領域で仕事を始めたのは、臨床2年目のとき。
当時、色々な人からこう言われました。
「生活期のリハは難しいから、もう少し経験を積んでからやったほうがいいよ」と。

「簡単なリハは存在するのか?」
「経験が浅いと、生活期のリハは難しいのか?」が私の命題となりました。

それから20年近く臨床に携わってきましたが、
新卒のPT・OT・STを生活期の現場で教育する中で、
簡単・難しいの2元論ではなく「臨床の捉え方と見通しを持てるかどうか」が
リハの難易度を左右するという結論に達しました。

見通しを持つためには、
「生活モデルという考え方を自分のものにしていく過程」が大切となります。

この講義では、見通しを習得するまでの時間を効率よく短縮する方法、
そして、悩んでいることに苦しまないで欲しいということを伝えたいと思います。

講義を通じて、生活期の素晴らしさと、なおかつ
機能を評価することの意味に触れて頂ければ幸いです。

最後に、ようこそ、素晴らしい生活期リハビリテーションの現場へ!
充実した臨床を送るために、私に伝えられることは全てお話します。

【プログラム】
1 新卒でも生活期の現場で成長することができる
2 リハビリテーションと理学療法について
3 疾患別予後を考える意味
4 生活期でのリスク管理
※プログラムは追加・変更になる場合がございます。

その他:
【ご注意】
本セミナーは 新卒者(臨床1年目)の方を対象としております。

【受講料】12,500円(税込)

1)受講料は、当日会場にてお支払い下さい。
2)開催日を含め7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。

問い合わせ先:
株式会社gene
〒462-0059 名古屋市北区駒止町2-52リベルテ黒川1階
TEL:052-911-2800(セミナー担当まで)
URL:www.gene-llc.jp

応募方法:
株式会社geneホームページ
(http://www.gene-llc.jp/seminar_info/?id=1488273852-530362)より

ホームページ: http://www.gene-llc.jp/seminar_info/?id=1488273852-530362

0
7月9日 呼吸リハビリテーション入門~東京会場~

研修会・講習会名: 呼吸リハビリテーション入門~東京会場~
日時: 2017年7月9日(日)10:00~16:00(受付9:30~)

会場:
平和と労働センター・全労連会館 2階 ホール
東京都文京区湯島2-4-4

内容:
【講師】
岸川 典明 先生
愛知医科大学病院 リハビリテーション部 技師長・理学療法士

【講義概要】
急性呼吸不全と慢性呼吸不全に対応できる呼吸リハビリテーション(以下:呼吸リハ)について呼吸理学療法を活用し講義と実習を行います。

■講義内容
・呼吸リハは疾患や病態によって考え方が違う。
・呼吸理学療法の病態生理
・病態に合わせた理学療法の考え方
・換気改善と排痰促進のための方法
・意識がなくても、人工呼吸器中であっても呼吸リハは行う!
・人工呼吸器は万全? 自発呼吸と何が違う?
・体位変換のメリット
・慢性呼吸器疾患の運動療法の意義

■実習内容
・聴診・打診の基礎
・患者さんが楽に感じるソフトな呼吸介助手技とは?

【必要物品】
聴診器、実技あり:動き易い服装(Tシャツ、ジャージ等)

その他:
【受講料】12,500円(税込)

1)受講料は、当日会場にてお支払い下さい。
2)開催日を含め7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。

問い合わせ先:
株式会社gene
〒462-0059 名古屋市北区駒止町2-52リベルテ黒川1階
TEL:052-911-2800(セミナー担当まで)
URL:www.gene-llc.jp

応募方法:
株式会社geneホームページ
( http://www.gene-llc.jp/seminar_info/?id=1485312984-330398)より

ホームページ: http://www.gene-llc.jp/seminar_info/?id=1485312984-330398

0
7月9日 言語聴覚士のための頚部周囲筋の触診とストレッチング -嚥下障害の予防・改善を目指して-~東京会場~

研修会・講習会名: 言語聴覚士のための頚部周囲筋の触診とストレッチング -嚥下障害の予防・改善を目指して-~東京会場~
日時: 2017年7月9日(日)10:00~16:00(受付9:30~)

会場:
株式会社 日本印刷会館 2階会議室
東京都中央区新富1丁目16番8号

内容:
【講師】
鈴木 重行 先生
名古屋大学大学院医学系研究科 教授・理学療法士

【講義概要】
頭頚部の可動性や頚部周囲筋の筋緊張は、嚥下障害や呼吸困難感に強く関わる。
これらの筋の緊張を緩和し、良好な頭頚部の可動性を獲得することで嚥下障害の予防・改善や呼吸困難感の軽減を期待することができる。
今回のセミナーは言語聴覚士に特化して、嚥下機能に関係する頭頚部の解剖の特徴とともに頚部周囲筋を個別に取り上げ、各筋の触診およびストレッチングなどの実技を中心におこない臨床での活用を目指します。

≪実技で予定する筋群≫
・僧帽筋   ・頭半棘筋   ・頭板状筋   ・肩甲挙筋   ・胸鎖乳突筋
・前斜角筋  ・中斜角筋   ・後斜角筋

【必要物品】
頚部が触診しやすく、動き易い服装(Tシャツ、タンクトップ、ジャージ等)

その他:
【受講料】12,500円(税込)

1)受講料は、当日会場にてお支払い下さい。
2)開催日を含め7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。

問い合わせ先:
株式会社gene
〒462-0059 名古屋市北区駒止町2-52リベルテ黒川1階
TEL:052-911-2800(セミナー担当まで)
URL:www.gene-llc.jp

応募方法:
株式会社geneホームページ
( http://www.gene-llc.jp/seminar_info/?id=1487122841-232168)より

ホームページ: http://www.gene-llc.jp/seminar_info/?id=1487122841-232168

0
Page 24 of 25 «...10202122232425