詳細は施設名をクリックしてください。

0
言語聴覚士のリスクに関するアンケート【日本言語聴覚士協会】
日本言語聴覚士協会より以下のようにアンケートの周知依頼が来ています。
皆様ご確認のほどよろしくお願いいたします。
日本言語聴覚士協会では2004年と2005年に「言語聴覚士のリスクに関するアンケート」を実施しておりますが、昨今の社会状況の変化を踏まえると、言語聴覚士のリスクマネージメントについてもかなりの変化が予想されます。
そこで今回、安全対策部では本協会会員対象に言語聴覚士の業務に伴うリスクおよび対応策の現状と課題について把握することを目的として本調査を実施することにいたしました。
つきましては、貴士会会員へご周知をいただき、アンケートへのご協力をお願いいたします。
※アンケート掲載URLは以下の通りです。
※回答は統計的に処理され、回答者個人が特定されることはありません。
※回答期限は10月2日(土)までとなります。なお、回答は1人につき1回のみでお願い致します。
0
2021年度オンラインセミナー シリーズ4 「気管切開患者に対する発語・嚥下のマネジメント」

講師:中山 剛志(日本福祉教育専門学校言語聴覚療法学科 大久野病院リハビリテーション部)

開催日時:10/12(火)、10/19(火)、11/2(火)

全て19:00~20:15

開催方法:ZOOMによるオンライン配信

参加費:1講座につき、当法人会員:1,000円 当法人非会員:3,000円

お申し込み:下記のURLまたは当法人ホームページからお申し込みください。

申込みフォームURL https://onl.tw/bUeGi9P

当法人ホームページ https://fc-science.or.jp/guide7.html

詳細はこちら

**********************

一般社団法人 食とコミュニケーション研究所

ホームページ https://fc-science.or.jp

e-mail   info@fc-science.or.jp

**********************

0
令和3年度在宅リハビリテーション従事者研修会《通所介護編》

日本言語聴覚士協会より周知依頼がありました。
ご確認のほどよろしくお願いいたします。
【オンライン開催】令和3年度在宅リハビリテーション従事者研修会《通所介護編》
【主催】日本理学療法士協会・日本作業療法士協会・日本言語聴覚士協会
【要旨】在宅リハビリテーションにおいては、高齢であっても、認知機能の低下があっても、障害があっても、病気療養をしていても、心身機能の回復だけでなく、その人の持っている強みを活かして役割や社会参加活動につなげる暮らし作りが求められています。
そこで、本研修会において、通所リハビリテーションにおける運営の基礎から、実務の具体的な進め方、これからの療法士の役割に関してトータルに学びたいと思います。

■日時:2021年10月16日(土)~10月17日(日)
■会場:オンライン開催
■ホームページ:http://www.hvrpf.jp/3680
■パンフレット:
http://www.hvrpf.jp/wp-content/uploads/2021/08/cc40276beae369f5d238d260d9b7a548.pdf
■お申込み:https://fs219.xbit.jp/n954/form13/

0
Page 1 of 76 12345...»